アニメ感想(とその他諸々)を書き綴る

とある大学生がアニメの感想を書き殴っていくだけのブログ。になる予定でしたが全然関係ないことも書きます。趣味とか。なんかいろいろ。

ダンガンロンパ3-未来編 12話(最終話) 感想

未来編ついに最終回!!!!

いやぁ、とりあえず手に汗を握ったような気がする。

それでは、感想書いていきます

※多大なネタバレを含むので注意

 

天願から御手洗に送られてきたメッセージ、最後の「だからまたやってしまった」と笑いながら言うところですが、なんだか狂気を感じましたね。

こいつ、絶望だったのかと。そのことを知った御手洗は自らの作った希望のビデオを世界中に流すことを決意。それを実行するために走り出します。

なんというか、御手洗のビデオ本当にチートだよなぁと思わざるを得ない。まあだからこそ、江ノ島に目を付けられたんだろうけど。

そしてそこで明かされる御手洗のNG行動。

 

「才能を使う」

 

これは元超高校級の才能を持つ人間にとってはかなり厳しい縛りですね。実際御手洗は何もできない自分に悔しがっているような場面も見受けられたように思いますが、そういうことだったんですね。

しかし、NGを設定したのが天願だとしたら、なぜそのようなNG行動にしたのでしょうか?

やはり、御手洗に洗脳を使ってコロシアイを止められては御手洗自身が希望のビデオを使うことはないのではないか。とか考えてのことなのでしょうか。

また、他のNG行動はどうなのか、何か理由があるのか?とか考えてみたんですけど、基本的にどのNG行動も破りやすいものが多いような気がします。

廊下を走るなとか、扉を開けるなとか。

あえて簡単に破れてしまいそうなものにしたのではないでしょうか。殺害(自殺)に加えてNG死をさせることで絶望的状況を作り出すというか…。

 

次に御手洗と苗木の言い争うシーンがありますが、自分は御手洗の意見の方に頷けたかなぁ。人はみんな苗木ほど強くない。だから今こんなことになってるんだって。たしかになぁその通りだよなぁと思います。

ただ、そういう考えの違いから希望を求める人間同士がまたすれ違ってしまっているというのは、なんとも皮肉な状況ですね。

ところで朝日奈さんにホールドされている苗木くん、羨ましすぎか。この幸運野郎め!

そしてこの後、天願の本当の思惑がわかります。宗方はそういえばころしあいがコロシアイが中継されてないこと知らなかったんだね。しかし、希望のために未来機関幹部のコロシアイを始めさせるとは、天願会長はなかなかクレイジーなんだよなぁ。それこそやってることは狛枝に通ずるものがあるんじゃないか。

 

希望厨こわ…。

 

してここからすごく熱い展開っすね。とりあえず宗方がめちゃくちゃかっこいい。そして歪まぬ雪染への愛。本当かっこいいなぁ…。

しかし宗方や苗木たちの奮闘虚しく、希望のビデオは世界中に配信されてしまいます。

モナカ宇宙に滞在してたのは正直笑いましたねwww

さてさて、洗脳完了までに要する時間は30分、どうなるかというところで雪染と江ノ島による振り返りシーン。

江ノ島が言っていましたが、雪染は、本当に有能なんだなぁと。希望であろうと絶望であろうと。

あと、新世界プログラムも洗脳でしょっていうのはたしかになぁと思わされました。まあ、結果的には洗脳にはならなかったと思うけど。

そして雪染の「私たちの未来はここで終わり」ってセリフは絶望はもう終わり。ってことでいいんだろうか。その場にいたのは江ノ島なわけだし、江ノ島含め私たちの物語=絶望の物語は終わりって言ったのかなぁと。

最後にやってくるCパートでが、葉隠と十神登場はテンション上がるなぁ。葉隠はいつも通りでなんか癒されるし、久しぶりに十神がかっこよかった。かっこいいのに面白かった。何故だ。

 

これがかませメガネのなせる技か…。

 

最後に苗木が外へと出て行くところで未来編は終わり。こちらも絶望編と同じく希望編と続いていくようだ。

 

一体、あと30分でどうまとめてくるのでしょうか。希望編は一体どんな物語になるのでしょうか。

やるとしたらやっぱりジャバウォック島にいる77期生のことが気になりますね。あとは御手洗の希望のビデオをどう阻止するのか。と宗方や朝日奈さんはどうなったのかもできれば知りたいですね。そうだあと、霧切さん…僕はまだ諦めてないから…

 

とにかく希望編が気になります。一体どうなるのか、楽しみにして待ちましょう!