アニメ感想(とその他諸々)を書き綴る

とある大学生がアニメの感想を書き殴っていくだけのブログ。になる予定でしたが全然関係ないことも書きます。趣味とか。なんかいろいろ。

Occultic;Nine -オカルティック・ナイン- 1話 感想

原作が志倉千代丸氏ということで、見なきゃと。いうことで、視聴。

いや〜OPいとうかなこさんいいよね。いとうかなこ×志倉千代丸。いいね。ありがとう。

そして作中にポンポンと出てくるネットスラングや社会に適合できなそうな主人公、今後伏線となりそうなシーンが多くあったりと、なんとなくカオヘやシュタゲに似ててやっぱり好きだなぁと思った。

それにしても、情報量がすごかったな。セリフが出て来まくる。シーンも目まぐるしく変化する。30分間目を離さないし、聞き逃せなかった。たぶんこれ、最終回見てから見直したらいろんなシーンの伏線に気づけて楽しいんだろうなぁ。主題歌の歌詞も全部見終わってから聞き直すとすごいネタバレ歌詞なんだろうなぁ。

しかし、毎回このテンポで進めていくのだとしたらさすがにきついな。まあ、きっと今回はあえてそうすることで興味を持たせたというか、それで世界観に引き込むことに成功してたんではないかなあと思う。次回からは緩急をちゃんとつけた演出に変えていってもらえると嬉しい。

あと、EDの後半に次回予告織り交ぜてくるのは好きだったね。かっこいい。オシャレだね。

主人公のキャラだったりあやねるの爆乳だったりちょくちょく叩かれてるところも見受けるけど主人公のキャラは事件に巻き込まれてからが勝負だと思うし、爆乳に関してはキャラの個性としてみればいいじゃんと思う。

そういうの好きな人もいるから…価値観は否定したらダメなんやで…

とにかく、一話目ではよくわからないタイプの作品(というか千代丸氏原作の作品)は世界観やキャラが気に入らないとかの理由で早々に切らないで欲しいな。いつの間にか好きになってるから。クセになっちゃうから。そんな感じです。

 

以上!